Kautex TextronのFesto Didacticトレーナー研修プログラム

「従業員の知識に投資しない雇用者は自動的に生産性を失う」

- Eduard Busenus、ブロー成形試験センター

変化する市場の状況や顧客のニーズに応えたいならば、企業は進化し、機会を認識し、イノベーションを推進しなければなりません。 しかし、高いレベルの生産性を実現するには、新しい技術ソリューションだけでなく、高いレベルの従業員の知識が必要です。 プロセス技術分野のノウハウが最新であれば、エンジニアは故障を早期に発見し、保守シナリオを事前に設計し、機械のダウンタイム中に自身の能力を正しく評価することができます。 国際的にも有数の自動車サプライヤーである私たちは、早期にその存在を確認し、持続可能な対策を講じました。 およそ 2年前、プロセスエンジニアの間で知識の必要が高まったことを見極めたとき、Kautexは Festo Didacticとともにトレーナー研修を開始しました。

有能さは生産性をあげる

ブロー成形試験センターのマネージャー、Eduard Busenusは、Kautexの最初の状況について、「私たちがどのようにプロセスを教えるか、プロセスエンジニアが空気圧技術および油圧技術においてどのように独立性を向上させるかという質問からスタートしました」と述べています。

研修と教育のエキスパートは最新鋭のオートメーションハードウェアへの定期的な投資には機械と工場のパフォーマンスを安定的に高く保つための研修セッションが必要になると気が付きました。

技術の恒久的な発展に伴い、作業者と現場の責任者の知識もまた追いついていかなければなりません。

「私たちは、エンジニアがコンポーネントや新技術を理解するための明確なニーズを認識していました」と Eduardは説明します。

特に、問題を単独で解決するか、専門家に外部支援を依頼するかを見極める場合の評価では、数分から数時間の工場停止を決定することがあります。

一般的なプロセスオートメーション、特に空気圧と油圧の分野でのトレーニングのために有能なパートナーを見つけることになったとき、Festo Didacticが選ばれました。 そして、非常に具体的な理由があります: 彼らの全体的なアプローチです

「私たちにとっては、さらなるトレーニングの取り扱いをすべて単一のソースから得ることが重要でした それにはハードウェアが含まれます」と、EduardはKautexがFestoと協力する動機を述べています。 ここでも国際性が力を発揮しました。 構想段階はボンの欧州本部で行われ、その後の試験とロールアウトの段階は米国ジョージア州のラヴォニアサイトで行われることになっていました。

360度ソリューション

Festoのトレーニング・ 指導代表を務めるKlaus Zimmermannにとって、Kautexの360度ソリューションに関する高い基準は、プロジェクトのメインアトラクションでした。

「お客様のメリットを最大化するために、弊社のサービスポートフォリオ全体を持ち込むことができました」とKlausは説明しています。 「将来、 Kautexの従業員が製品を扱えるようにするだけでなく、メンテナンススタッフとしての仕事をよりよくこなせるように、空気圧の基礎知識を身につけてもらうことが重要でした。

「私たちは、可能な限り最高の顧客利益を達成するために、サービスポートフォリオ全体を持ち込むことができました。」

- Klaus Zimmermann、Festo Didacticのトレーニング・指導代表

米国におけるトレーナー研修

train the trainer in the USA

ボンの所在地での構想段階で、従業員の研修要件がまず決定されました。 Festoの専門家にとって重要だったのは、誰が実際にFesto製品を使って仕事をしているのか、ユーザーの知識レベルがどの程度なのかを理解することでした。

「要件を決定した後、Kautexのプロセス技術者の代表的な業務を取り上げ、実践可能な小さな研修内容と単元を導き出しました。 そのおかげで、Kautexのトレーナーがしっかりと実践できるカリキュラムを作ることができました」と、Kausは説明しています。 この目的のために、専門的な資格と開発、方法論的能力の開発とを組み合わせたセミナープログラムが設計されました。 米国での実施の一環として、10人のコーチとリード コーチからなるコア グループが資格を得て、彼らの知識を具体的に運用スタッフに伝えることができました。

異なる予備知識は問題ではありません

米国での実施のために、知識要件の異なる生産スタッフにも届くように、研修の内容や方法を工夫しました。 「国際的なレベルでは、私たちは調和する必要がある異なるレベルの教育に遭遇します」と、 Eduard Busenusは述べています。 さまざまな相手先に合わせたオーダーメイドの研修は、Festo Didacticのセミナーで完全に成功しています。 「社内のトレーナーは、従業員に伝えるための実践的な知識をたくさん得ました。」とEduardは言います。 空圧・油圧の簡単な作業から複雑な作業まで、トレーナーや技術者が応用できるように準備するために、オーダーメイドの教育・学習用ハードウェアが導入されています。

従業員はより自信をつけています

2016年末にトレーナー研修施策が終了したのに続き、Kautexの米国施設でもロールアウトが開始されました。 目に見える成功を収め、 Eduard Busenusはこう報告しています: 「私たちの研修に対する全体的なフィードバックは完全に肯定的です。 研修を受けたスタッフは、より良いパフォーマンスを発揮します。 コミュニケーションがよりよく取れるようになり、積極的に参加し、お互いに物事を説明し合い、一緒に仕事をし、より自信を持って新しい状況や慣れ親しんだ状況に臨むことができます。」

Kautexのブロー成形資格エキスパートである彼にとって、これは会社の目標と従業員の日常業務の間の架け橋となっています。 彼は、コンピテンシーの拡大は、工場のパフォーマンスの面ですぐに数字に出てくると確信しています。

この記事は ブロー成形試験センターのマネージャーのEduard BusenusおよびFesto Didacticによる寄稿です。

この記事のドイツ語版は、Festo Didacticの雑誌 「 オートメーションにおけるトレンド2018年1 月」で公開されました。