健康と安全

事故ゼロ

Accident-Free

Kautexは、従業員と共にケガのない環境を構築することで、従業員に最高レベルの敬意を示すことに取り組んでいます。私たちは、過去5年間で画期的な成果をあげました。記録可能な総傷害率(TRIR)を1.0未満に減らし、ワールドクラスの製造率0.75を達成しました。この時期で同様に重要なこととして、一部のKautex施設では、負傷者ゼロが完全に達成可能であることを実証することができました。2018年には、18箇所のKautex施設で、記録可能な負傷なしで1年間稼働できました。

Kautex EHSフレームワークには、世界中の標準的な稼働環境を実現するための、基本的な価値観、ビジョン、および稼働原則があります。

どの施設にも最高の基準が適用されます。

従業員は、安全性を優れた稼働の基本とみなしています。

Inside Tank

負傷ゼロ環境は可能です。それは目標ではありません。

私たちは、過去5年間で画期的な成果をあげました。記録可能な総傷害率(TRIR)を1.0未満に減らし、ワールドクラスの製造率0.75を達成しました。

EHS

Kautexは、次の2本の重要な柱でEHSプログラムを構築しています:リスク削減と強靭な安全/品質文化。

Kautex施設で発生するすべての事故は、A3プロセスを使用して分析されます。事故の発生原因として特定されたギャップが調査され、対処されます。

システムのギャップを埋めるための「Must Do(すべきこと)」手順のプログラムが、すべてのKautex拠点で実行されます。改善策を再現するために、ベストプラクティスが共有されます。

安全システムの構築に従業員が深く関わることにより、利益と改善を維持するために必要な臨界質量が蓄積されます。